So-net無料ブログ作成

マンション名・アパート名 [日々の暮らし]

ウォーキングをしていて注目することは色々とあります。
その日の気分に応じて花をめでたり、地名をあらためて見たり、
お散歩中のわんちゃんを観察することもあります。

先日は「家」を見てみました。

建築というのは時代を反映します。名称もそうですし、
建物の特徴も同様です。たとえばバルコニーのフェンスも
昔は鉄格子(?)のような感じでしたが、最近は
半透明のボードがフェンス代わりになっていたりします。

昭和に建てられたころの戸建てには雨戸がありました。
それが雨戸からシャッターへと変わり、最近は
いずれも付いていない住戸もあるようです。

一方、マンション名はどうでしょうか?

昔は、「〇〇荘」という名称がありました。確か
藤子不二雄や赤塚不二夫などが暮らしていたのが「トキワ荘」でしたよね。
〇〇荘以外にもコーポ、ハイツなど、かつてのアパート名として
よく見かけたように思います。

バブルになると「キャッスル」「パレス」「マナー」などの
語も見受けられるようになりました。お~~、なかなか
リッチな雰囲気です。

では最近はどうでしょうか?

近年は独自のマンション名のような印象です。
たとえば「ブランズ」「OHANA」「リビオ」などです。

時代とともに色々なことが移り変わっていきます。
コメント(0)