SSブログ
前の10件 | -

”That's childish" [英語]

コロナの蔓延が続く中、大好きなイギリスが遠くなって
しまいました。でもいつかこれは必ず収まる、そしてまた
旅行できる日がきっと来ると信じて、今は状況を見守っています。

昨年の秋に私は10日間、イギリスとオランダを旅しました。
9月は大学が夏季休暇であるため、その時期を狙っての
旅行でした。

ホテルの部屋でテレビをつけると、偶然にも夏の
サマーコンサート"Radio 2 Live in Hyde Park 2019"を
BBCで放映していました。私の好きなデュオの
Pet Shop Boysが出ていたのは全くの偶然でしたね。

ちなみにペット・ショップ・ボーイズが全盛期だったのは日本が
まだバブルの頃です。1980年代後半には次々とヒット曲を
飛ばしていました。「リーダーズ・プラス英和辞典」にも
Pet Shop Boysが出ているほどです。

TV画面に出ている二人は齢を重ねられているとは言え、
流れて来る曲は当時の原曲キーです。こうして懐かしの曲に耳を傾けながら、
「Pet Shop Boysというのはイギリス人にとって国民的財産なのだなあ」
と感じたのでした。

二人の曲はYou Tubeにかなりアップされています。
オフィシャル・ビデオは非常にストーリー性があり、
フシギな世界に引き込まれます。たとえば"Can You Forgive Her?"など、
このトンガリ帽子は何を象徴しているのかなと思えてきます。

https://www.youtube.com/watch?v=Me4AhOi6LYE

なお、曲の最後に出てくるThat's childish, so childishという部分。
英語のchildishは基本単語ですが、辞書を引くとどの語義が
最初に来るかが辞書ごとに異なるのですよね。

手持ちの英和も英英辞典も、大半が

「子供の、子供らしい」

とあるのに対して、「ウィズダム英和辞典」(三省堂)だけが、

「(けなして)(大人の言動が)子供っぽい、幼稚な、ばかげた」

を筆頭に掲げていました。私自身、後者の意味の方を
まずは頭に浮かべます。

辞書の編纂について、Pet Shop Boysの歌から思わず
飛んでしまったのでした!
コメント(0) 

バリアがあるだけでも [日々の暮らし]

子ども時代の私は周囲の空気を非常に敏感に察知する
タイプでした。そうせざるを得ない環境に置かれていた
ということも言えます。慣れない海外の学校生活では
クラスメートの言動に鋭敏になり、英語がわからない
ものの、「もしかして私の悪口、言ってる?」というぐらい
過敏になっていたのですね。

それが数年間続いたものですから、どうも体に染みついて
しまったようなのです。

それでも年齢を重ねるにつれて、そして社会人になり
色々なことを経験したおかげもあって、だいぶ
鈍化されてきたとは思います。とはいえ、それでもなお
ついつい場の空気を読もうとしたり、相手の顔色を
伺ったりしてくたびれてしまうこともあったのです。

こうしたタイプのことを最近ではHSP、あるいは
「繊細さん」と呼ぶのだそうです。特徴の一例として、

*人混みが苦手

*飲み会が苦手

*一人でいることが好き

などもあるのだそうです。まさに私です(笑)。

このようなHSPタイプは最近増えているとのこと。ただ、
私が思うに「増えている」のではなく、ようやく
カミングアウトできる時代になったのであり、
実は潜在的にこのような方は多かったのではと
とらえています。

先日、教え子のレポートに、そうしたHSPタイプが
どのようにすれば他者に振り回されないかのヒントが綴られて
いました。

たとえばティッシュケースをさりげなく置く、あるいは
置いたつもりになってみたり、何も小道具がなければ
自分の中でその人との間にバリアがあると想像するだけでも
違うというのですね。

非常に心に残りました。

奇しくも今はお店のレジにアクリル板が設置されている
時代です。どうしても他者に影響を受けすぎてしまうので
あれば、頭の中でアクリル板をイメージしてみると、
それだけでも気持ちが前向きになれるかもしれません。

ちなみにアクリル板は英語でacrylic plate。
acrylicは19世紀半ばにお目見えした単語で、
語源はacrolein。アクロレインという刺激臭のある
不飽和アルデヒドだそうです。リーダーズ英和辞典によると
これは催涙ガスなどに用いられるとのこと。

acroleinをさらに分解すると元はラテン語のacer(刺激のある)と
oleo(臭いを嗅ぐ)と-in(~などを作る)が
組み合わさっていることがわかります。

・・・ああ、そしてさらにAcerってパソコンメーカーがあったっけと
気になり、社名の語源を調べることに・・・。

ありました、説明!

https://moto-neta.com/company-name/acer/

繊細さんから出発して、楽しい旅路となったのでした。
コメント(0) 

頭で考えること、について [日々の暮らし]

紙新聞を読んでいて楽しいことの一つに、
新刊書との出会いがあります。
新聞紙面の下の方、あるいは週1回掲載される
読書欄で、本に関する情報が手に入るのですよね。

そのような偶然の出会いで読んだのが
「美術解剖学とは何か」(加藤公太著、トランスビュー、2020年)でした。

私は昔から絵心がゼロで、大真面目にチューリップの絵より
先に進めないのではというぐらいのレベルです。
子どもの頃、クラスにとても大人しい子がいたのですが、
彼女は絵の天才でした。自分の左手を鉛筆でデッサン
したものを見せてくれたのですが、もうプロレベルと思えたのですね。
ちなみに当時の私は負けず嫌いを自認していましたが、
もう、完全に脱帽でした!

さて、加藤公太氏のこちらの本。
藝大で美術解剖学に出会ったエピソードや、
具体的な方法、また、ヨーロッパではレンブラントや
ミケランジェロが美術解剖の絵を描いたといったことが
綴られています。

一方、私にとって心に響いたのは、「あとがき」に
書かれていた以下の文章でした:

「頭で考えることを繰り返すと、認識が深まって
いくような感じがする。頭の中でシミュレーションを繰り返して
いけば(自分にとって都合の良い)理想ができあがる。
しかし、実際に行ってみると想定通りにならず、
うまくいかないことに苦しむ。頭の中では傑作が
できているが、実際に手を動かすと完成度の低い作品が
できあがるのだ。」(p272)

通訳や講師の仕事をしていて私が個人的に痛感するのは、
読書量や勉強の密度を通じて、自分自身が様々なことに
認識を深めていっているような感じ、いわば
「錯覚」に陥ることです。自分にとっての「理想の通訳者」
「理想の教師像」「人としての理想」など、「理想」ができてくるのですね。

けれども、実際には自分が思い描いていたのと
異なる展開になることがあります。自分一人で
生きているわけではなく、いずれも「クライアント」
「学生」「他者」という存在がありますので、
書籍「だけ」で培った「理想」にはならないのです。

つまり、自分の思い通りにならないからと言って、
自分自身が落ち込んだり不機嫌になったり、
鬱々とした表情を他者に見せたとしても、状況は
変わらないと私は思うのです。

加藤氏はさらに続けます:

「本書の『頭で考えすぎない』姿勢とはどういうことかと
いうと、例えば『体験していないことをあれこれ判断
しないこと』や『推測に推測を重ねないこと』である。
体験せずにあれこれ判断することは、頭でシミュレーション
していることに他ならない。頭で考えたシミュレーションを
実際に行ってみるとその通りにならないことは、
美術作品の制作のみならず多くの物事にあてはまるだろう。」
(p272)

私はこの部分を、人間の生き方として解釈しました。

最後にもう一つ引用を:

「作品のコンセプトも作家のステートメントも同じである。
言葉から導き出された言葉は理想的だが現実離れしていて
抽象度が高い。理想があまりに高いので作品が貧弱に見える。」(p272)

他者や人生への理想があまりにも現実離れしてしまうと、
人は失望してしまい、自分の一生そのものが貧弱に
なってしまうような気が私はしています。

美術解剖学という分野から、思いがけない人生訓を得ることが
できました。著者の加藤氏に感謝です。
コメント(0) 

アドバイスの求め先 [日々の暮らし]

実家にいたころの私はずいぶんとグチグチ人間でした。
父の帰宅が遅かったこともあり、家にいるのは母と私だけ。
学校に通っていたころは人間関係の悩みを、
会社に入ってからは仕事における迷いを
毎晩夕食時に私は吐露していました。

気が付けばもう寝る時間というぐらい話を聞いてもらった
こともありましたね。あの頃は母も母なりに人生における
課題に直面していましたので、今にして思うと共依存で
あったのでしょうね。

その後、実家を離れて自分の環境も変わり、また、
色々な本を読んだり素晴らしい方に出会えたりということが
ありました。そのおかげで、私自身、グチグチするより
行動をとっていこうという気持ちにシフトしていった
ように思います。でも、すぐに完璧に出来るように
なったわけではなく、それどころか、逡巡する状態は
年月を経た今でも続いています。

さて、今日は「悩んだとき誰にアドバイスを求めるか?」
というお話です。

助言を得たいとき、誰に話そうかなと考えますよね。
親友、家族、専門家、恩師など、色々な方を
思い浮かべることでしょう。

私は最近、誰かに相談をする際、以下が大事なのではと
考えるようになりました。

1.私の気持ちを理解し、寄り添い共感し、聞き上手である

2.必要以上にアドバイスをしてこない

3.私と同じことを経験したことがある

この3点です。

とは言え、「3.私と同じことを経験したことがある」は
相手が私の人生を生きていない以上、
求めるのは厳しいでしょう。でも、経験者にしか
わからないこともあると思うのですね。

つまり、同じ体験をした人は、こちらの心の痛みも
手に取るようにわかります。不要な声掛けや助言などせず、
ただただ寄り添うことができるのです。

人は悩みに直面すると一番身近にいる人、具体的には
肉親に聞いてもらいたくなると思います。私がそうでした。

でも、肉親に相談した結果、「私の気持ちを理解して
もらえなかった」という展開になることもあります。
その時の悲しさというのも大きいのですね。

なぜなら「肉親だから、こういう反応をしてくれるはず」
とこちらは期待してしまっており、そのようにならなかった
というのは、とてつもなく残念だからです。

世の中には人間関係や仕事、家族のこと、勉強などについて
悩んでおられる方が多いと思います。

誰に自分の気持ちを聞いていただくか。

その人選を自分なりによく考えていくことが、
結局は自分への癒しになるのかな、と私は最近考えています。
コメント(0) 

フィル・コリンズ [日々の暮らし]

1980年代から90年代にかけて大ヒットを打ち出し続けたイギリスの
アーティスト、Phil Collins。かつてGenesisというバンドで、そして
ソロになってからも素晴らしい曲を出していました。
銀行強盗を描いた"Buster"という映画では主演をつとめています。

当時私はフィル・コリンズの大ファンで、特にGenesisの
"Turn it on again"などは夢中になって聴いていました。

https://www.youtube.com/watch?v=2B1ub5g5L0k

うーん、今見ると画像の粗さやヘアスタイルが時代を
感じさせますが、メロディが良いですねえ。
ちなみにフィル・コリンズはボーカルもドラムもできます。

さて、そのような感じで追いかけていたアーティスト
ではあるのですが、時の流れと共に、そして私の忙しさに
かまけて、あまり聴かなくなってしまいました。

けれども先日のこと。再び遭遇することができたのです。

きっかけは、Amazon Primeでした。

私は数か月前にプライム会員になったのですが、
「当日発送」ぐらいの恩恵しか知らなかったのですね。
けれども友人がプライムの得点の一つにアプリが
あることを教えてくれて、早速自分のスマートフォンに
ダウンロードしたのでした。そしてPhil Collinsの曲に
久し振りに再会できたのです。

その日、私は色々な課題を抱えて煮詰まっていました。

家にいても先が見えないなあと思えてしまい、
行きつけのカフェへ出かけたのですね。そこで
お気に入りの一杯を飲みながら、「あ、そうだ、
プライム会員の音楽を聴いてみよう」と思ったのです。

そこでたまたま流れてきたのが、Phil Collinsの
"Something happened on the way to heaven"という曲でした。

この曲がお目見えしたのは、1989年にリリースされた
フィルの"But Seriously"というアルバムでした。
まだ日本はバブルの最中でした。個人的にはとても
ノリの良い曲だと思うのですが、意外にも本国イギリスでの
最高位は15位、アメリカでは4位。唯一トップに輝いたのは
カナダだけだったのですね。

本当に久々にこのメロディに再会した私は、
カフェで歌詞にひたすら耳を傾けました。
内容は「別れた彼女とよりを戻したい」という内容です。

でも私はこの歌詞を「自分」と「もう一人の自分」の対話
として解釈したのです。

フィルが一人称で歌っている部分が「真のもう一人の私」。
そしてyouとなっている箇所が「今、モヤモヤ感を抱きながら
生きている私」です。このようにとらえてみたのです。

つまり、本音の部分の私は、自分なりの答えもあり、
方向性も定まっている。

でも表面層の私がモヤモヤしている。

そんな自分を叱咤激励するものとしてこの曲をとらえました。

もちろん、元は恋愛ソングですので、私の解釈は
かなり無理があるのですが、それでも私はこうとらえることで
この曲からずいぶん励まされたのです。

カフェに入店した時はとらえどころのない感情に
見舞われていたのですが、この曲を聴き終え、日記を
付け終わったころには、ずいぶんと目の前が明るくなりました。

久々にこの曲に出会えて感謝。
このアプリを教えてくれた友人にも感謝です。

ストーリー性満載のオフィシャル動画はコチラ:

https://www.youtube.com/watch?v=CKrGj73OsAY

コメント(0) 

アメリカ大統領選挙 大統領候補 最終討論会の同時通訳を担当させていただきました [掲載]

TBS Newsさんよりご依頼いただき、TV討論会の同時通訳を
担当させていただきました。お時間がございましたら
ご覧いただければ幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=T0ewoqo_CGA

どうぞよろしくお願い申し上げます。
コメント(0) 

「すぐ使える英語表現」更新のお知らせ [掲載]

第234回は chip away at ... (~をなし崩しにする)というフレーズです。

https://www.hicareer.jp/inter/housou/19396.html

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント(0) 

なぜ仕事に感謝したいか [仕事]

以前読んだ本の中に、興味深い記述がありました。
人に対するとらえ方に関してです。

「人の印象は最初の数秒で決まる」とよく言われますよね。
それに含まれるのが、「その第一印象」と
「自分が過去に出会ってきた人たちとの関わり」なのだそうです。

具体的に見てみましょう。

たとえば昔、仲が良かった人がいたとします。
時を経て、その人にそっくりな人が現れた。

そのような場合、その新たな人への印象は
実に良いものになるのだそうです。
実在の仲良しだった友達でなくても、たとえば
「自分が好きなアーティストと似ている」
という場合も、やはり印象を良くするとありました。

一方、その逆も然りなのだそうです。

過去に仲が悪かった人がいた。
後の人生で、その人の風貌や話し方に酷似した人が
現れた。

この場合、たとえ後に出会った人が良い人であったと
しても、第一印象は芳しくないのだそうです。

ところで世の中には「物事をよく記憶している人」と
「切り替えてあっさり忘れるタイプ」があると思います。
これは持って生まれた性格・気質もあるでしょうし、
その人自身がどのような人生経験を積んできたか、
あるいはどういった書籍や人との出会いを通じて
価値観を変えていったかによりけりだと思うのですね。

私の場合、大学卒業ぐらいまではウジウジ・ネチネチ
考えるタイプでした。

けれどもその後、色々と自分の力ではどうにもならないことに
遭遇したり、その一方で素晴らしい人生の先輩や
書籍に出会うことができて、「人生は一度しかない」
という価値観ができてきたように思います。

生きていれば誰でも大変なことに出会います。
自分に非が無いように思える中、他者からひどいことを
されたとショックを受けるケースもあるでしょう。

そのような場合どうするか?

「癒しの時間を自分に許して気持ちが少しでも
前向きになれたならば、残された自分の人生をフルに生きる」

あるいは、

「前進はし続けるものの、相手へのわだかまりを
抱き続けて『許すけれども忘れない』とこだわり続ける」

おそらくこの2つになってくると思います。

通訳という仕事をしていて良かったこと。

それは、

「1秒前に訳したことを忘れてしまうぐらい
次から次へと文章を訳さねばならない」

という業種であることです。つまり、いったん「過去」に
なった英単語について、いつまでもグチグチしていられない、
そのような業種なのですね。

かつての私の性格を振り返ってみると、通訳という仕事に
ありつくことができたのは、私の価値観を改善させる上で
本当に良かったとしみじみ思います。仕事に私は
救ってもらったと思えるのです。

だからこそ余計、仕事を通じて世の中のお役に立ちたいと
思います。
コメント(0) 

そびえる壁を前にしたとき [日々の暮らし]

日経新聞・日曜版の中ほどに掲載されているのが
The Styleというページです。グルメやファッション、
文化などの情報を載せており、抜き取り可能な紙面となっています。

中でも私のお気に入りはインタビューのページ。
18日にはJ・フロントリテイリングのトップ、山本良一氏が
出ていました。

山本氏は学生時代、バスケで活躍されたそうです。しかし
明治大学のバスケ部は当時、主力選手が卒業してしまい、
弱体化するのが目に見えていたとのこと。
そうした中、山本さんは主将に就任したのでした。

OBたちに、山本さん世代ではもはや試合に勝てるわけがないと
厳しい言葉を投げかけられる中、山本氏はむしろ
気持ちを奮い立たせたそうです。そして、練習や
トレーニングメニューなどに工夫を施し、
インカレでは3連敗を達成しました。

山本氏にとって、

「そびえる壁が高ければ高いほど、
闘争心をかき立てられた」

とインタビューを担当した河野祥平記者は綴っています。

「壁」の高さ、というのは人それぞれですよね。
他者にとっては容易に克服できそうなものでも、
自分にはとてつもなく厳しい壁が目の前にあり、
ひるんでしまう、ということが人生にはあると思います。

一方、人生経験を積んできた大人からすれば
答えがわかっていることも、子どもであればなかなか
それが思いつかない、というケースもあるでしょう。

つまり、自分にとって未知の課題というのは、
取り組む上では非常に気が重いですし、
自分の力だけでは克服できないように思えてしまうことも
あるのですよね。

でも自分の人生である以上、そこから逃げることは
残念ながらできません。どれほど素晴らしいアドバイスを
下さる方がいたとしても、その方が私の代わりに
私の人生を生きることはできないのです
(あ、これは英語学習とまったく同じですよね・・・!)。

そうなると、どれほど大変そうな課題であったとしても、

「自分は今、これを人生勉強の新たな『お題』として頂いた」

「逃げずに真正面から取り組めば、必ず自分なりの
最適解は出てくる」

「だから、決して言い訳をせず、自棄にならず、
取り組んでみよう」

と信じて一つ一つを丁寧に取り組めば、きっと
先は見えてくると思います。

通訳者デビューしたずいぶん前、私は未知の分野の
会議通訳を前に途方に暮れたことがありました。

あまりにも難解分野の仕事を請け負ってしまい、
業務の前日にキャンセルの電話をエージェントにかけたほどです。
今のようにメールも携帯電話もありませんでしたので、
エージェントの電話はもちろん誰も出ず。
今にして思うと、本当にしり込みし通しの前夜だったのですが、
「誰もスタッフがいない!ああ、もうこうなったら
やるしかない」と腹をくくれたのです。

そして実際、当日にその通訳をやってみたところ、
緊張はしましたが、自分の想像を絶するような高難易度では
なかったのですね。

そのおかげで、私はその分野の仕事を一つ、経験として
頂くことができたのでした。

人生の課題もこれと同じだと思います。

ひとつ、そしてまたひとつ。

この繰り返しなのですよね。

(日本経済新聞2020年10月18日)
コメント(0) 

NHK「ニュースで英語術」掲載のお知らせ [掲載]


2020年10月21日放送分の翻訳・解説を担当いたしました。
タイトルは「日本人観光客がマチュピチュを"独り占め"」です。

https://www.nhk.or.jp/gogaku/news/2010/21.html

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント(0) 
前の10件 | -