So-net無料ブログ作成

本当に安全? [日々の暮らし]

少し涼しくなってきたので、先日久しぶりに朝の
ウォーキングへ出かけました。真夏のうだるような
暑さの頃は、家にいるだけでもグッタリしていたのですが、
気持ちが良い気候になると、体も動かしたくなります。

いつものごとく、ペンとメモ用紙を持って出発しました。
歩きながら思いついたことや原稿のネタ(本ブログ含む)を
あれこれ書いています。

その日、通りがかったのは小学校の脇。
フェンスには在校生の描いた絵や標語が掲げられています。
学年と氏名(フルネーム)がそのまま載っていました。

・・・あれ?個人情報保護で今やずいぶん「校内の
写真撮影」や「緊急連絡網」の取り扱いは厳しくなって
いたはずです。

なのに、在校生のお名前がフルで出ていて大丈夫なのかしら?

最近のお子さんの名前は珍しい漢字も使われているため、
特定しようとすればいくらでもできてしまうのではと
心配になりました。考えてみれば、名札着用の登校や、
中学生のジャージ登校(ゼッケン付き)も同様です。

安全と言えば、もう一つ。

不審者対策で近年は保護者が来校する際、名札を着用するようにと
言われます。でも、敷地の裏門は常時開放されていたり、
そもそものフェンスが低かったりということもあります。
これでは安全面で不十分です。

数年前、イギリスを旅行した時のこと。
幼少期に通っていた小学校を訪ねてみました。
私が通学していたころはいつでも誰でも入りやすい構造でした。
が、フェンスは高くなっており、ちょっとやそっとで
よじ登って入ることなどできない作りに変わっていました。
インターホンもあり、監視カメラも付いています。

子どもの頃はよかった、と回顧する意図はないのですが、
何とも世知辛い時代になったのだなあと感じます。
コメント(0)