So-net無料ブログ作成

「通訳者のひよこたちへ」更新しました [掲載]

「通訳者のひよこたちへ」第409回がアップされました。
タイトルは「ファンを増やす」。
書籍紹介では「装丁・装画の仕事2019」(日本図書設計家協会著、
玄光社、2019年)を取り上げています。
どうぞよろしくお願い致します。

https://www.hicareer.jp/inter/hiyoko/16102.html

コメント(0) 

郡と字

商品パッケージを手にした際、必ずと言って良いほど
チェックするのが原材料名やメーカー名などの記述です。
細かく書かれていますよね。通訳者をめざしていたころは、
あの表示部分も頭の中で同時通訳しようと必死になって
いたことがありました。もっとも、「デキストリン」
「pH調整剤」「増粘剤」などが日常の通訳現場で
毎日出てくるわけではないということを
百も承知してはいたのですが・・・。

もう一つ好きなのは「フリーダイヤルの解読」。
よーく読むと語呂合わせになっています。

0120-308509

これは有名な飲料メーカー。

0120-030710

こちらは大手納豆メーカー。

0120-178390

ツナ缶で有名な会社が上記番号です。

ちなみにパッケージで好きなこともう一つだけ。

製造地や会社所在地の住所のチェックです。
東京以外の場所が書かれていると、「お~~、わざわざ
遠い我が家まで来てくれたのね」と嬉しくなります。
できれば今まで聞いたことのない地名、
さらに「〇〇郡△△町大字**」のような表記だと
良いですねえ。でも最近は平成の大合併があったからか、
ほとんどが「〇〇市」になっています。

残念~~。これもまた個人的趣味!
コメント(0)