So-net無料ブログ作成

最低の価格 [日々の暮らし]

先日、電車に乗っていた際、トレインチャンネルで流れていた
広告に目が行きました。某宿泊施設の動画です。
確か画面には以下の文言が出ていました:

「最高の思い出を
最低の価格で」

とびっきり素晴らしい思い出をお手頃価格で、
という意味です。短い文字数に込められた思いが
伝わってきます。

・・・が、ここでふと疑問が沸き上がりました。
「最低の」という3文字に個人的に引っかかってしまったのです。

価格が一番低いことを「最低価格」と言いますよね。
類語としては「最安値」があります。

しかし一方で、「最低」には物事の善し悪しの
観点から「ひどい」という意味も有します。

「そんなこと言うなんてサイテー!」
「最低最悪の終わり方」

といった具合です。よって、非常にうがった見方をすれば
「最低の価格=ヒドイ価格」と解釈できなくも
ないわけです。

では、どうすれば「お手頃価格」という部分を
打ち出せるでしょうか?

以前、テレビ通販番組で通訳をした際、
ディレクターさんから念を押されたのは、
「安い」という言葉を使わないようにというものでした。
なぜなら「安かろう悪かろう」というイメージが
あるからです。

代わりに「お求めやすい価格」「お手頃価格」を
使ってほしいと言われました。

先の広告に関して言えば、冒頭に「最高の思い出」と
あります。そうなると、対比的に「最低の」を
使いたくはなりますよね。

では私ならどうするか?

「最高の思い出を
最高のお手頃価格で」

これならどちらも「最高の」を使って
ダブルで強調することになり、
「思い出」の「お」と「お手頃」の「お」も
頭韻を踏むことになります。
「お手頃価格」自体に割安感の意味が入っていますので、
ここで「最高の」と入れたとしても、
「自分にとって素晴らしい=最高」と解釈してもらえるように
思います。

ただ、欠点としてはキャッチフレーズの後半が
長くなりすぎることでしょうか・・・。

うーん、言葉を生業にしていると、ついつい
こういう部分であれこれ考えたくなります。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント